• blog

薄着の季節の着やせテクニック|50代・60代女性に似合う春~初夏の細見えコーデを紹介

2022.04.20 update

4月はだんだん薄着になる季節。春のおしゃれを楽しみながら、気になる部分をしっかりとカバーする大人の女性にぴったりな細見えのポイントとコーデを紹介します。

薄着の季節の着やせテクニック

まずは、細見えさせたい部分別に、薄着の季節の着やせテクニックを紹介します。

上半身の着やせテクニック

下半身よりも上半身(肩や二の腕、バスト)のボリュームが気になる方は、上半身の細い部分である「首」と「手首」を出すコーデにしましょう。 春から初夏の時期なら、Vネックのコットンセーターの袖をまくったり、シャツの袖を折ったりする着こなし方がおすすめです。

コーデ全体のラインをXライン(ウエストあたりを最も細くしたシルエット)やYライン(上半身にボリュームがあるシルエット)にすると、上半身の着やせ効果が増します。 例えば、トップスの前だけウエストにインするとXラインが、首まわりがスッキリしたチュニックにタイトなボトムスを合わせるとYラインが作れます。

下半身の着やせテクニック

下半身(お腹やヒップ、腰まわり)のボリュームが気になる方は、視線が上半身に集まるコーデがおすすめです。スカーフやアクセサリー、帽子などでコーデのポイントを高い位置に作りましょう。視線が上に集まりやすく、スタイルアップにつながります。 コーデ全体のラインをAライン(下に向かって広がるシルエット)にすると、下半身の着やせ効果が増します。

ウエスト位置が高めでウエストやヒップよりも裾幅が広いボトムスにすると、Aラインを作ることができます。また、下半身の中で一番細い部分の足首を見せるのも効果的です。

全体的にスッキリ見せる着やせテクニック

全身をバランスよくスッキリ見せたいなら、Iラインコーデがおすすめです。 アルファベットの「I」のような縦長のIラインのコーデは、全身をスッキリとスタイルアップ見えさせる効果があります。同色のトップスとボトムスの上に、裾までストンとまっすぐに落ちるロングカーデを羽織る着こなし方が、代表的なIラインコーデです。首・手首・足首の「3首」を見せると、さらに効果的です。

50代・60代女性におすすめ!春~初夏の細見えコーデ

着やせ効果だけでなく、大人の女性らしさも演出する春~初夏のコーデやアイテムを紹介します。

半袖が着たくなる気温の日でも、肩や二の腕のあたりが気になって着るのを躊躇していませんか? 五分袖なら肩や二の腕まわりをカバーできます。袖幅にゆとりがあるタイプは風通しも良く、半袖のように快適に着られます。

商品の詳細はこちら

顔まわりをシャープに見せるキーネックと縦のラインを強調するストライプ。二つの効果でスッキリとしたスタイリッシュな印象を与えます。チュニック丈のブラウスは、タイトなシルエットのボトムスをコーデしてYラインを作ると、着やせ効果が高まります。

やわらか素材でゆったりシルエットのアイテムをそのまま着ると、着太りしてしまう場合も。アクセサリーを使って視線を上に集めるか、ウエストをベルトなどでマークしてXラインを作りましょう。着こなしにメリハリがついて着やせが叶います。 実際のウエスト位置より少し高めの位置にベルトをすると、スタイルアップにもつながります。

縦の落ち感がきれいなワイドパンツは、下半身を細見えさせるAラインのコーデを作るのにぴったりなアイテムです。コーデするトップスの前だけインしてトップスの着丈をコンパクトにすると、脚長効果も期待できます。

羽織るだけで、いつものコーデにこなれ感と洗練された印象をプラスしてくれるロングジレ。腰まわりをしっかりとカバーする長めの着丈がIラインを作って、着やせ効果を高めます。

春のお出掛けにアウターとしても重宝しそうなロングシャツ。腰まわりまでしっかりと包む着丈は、横から見たときの体の厚みもカモフラージュ。着やせが叶うIラインも簡単に作れるアイテムです。

着やせ効果のあるIラインは、ロング丈の羽織りものがなくても作ることができます。トップスとボトムスの色やトーンを揃えると、縦長のIラインが完成します。 重たくなりがちな暗い色でも、首・手首・足首の「3首」を出すと着やせするとともに軽やかな印象に。ドレッシーなブラウスは、お出掛けにもぴったりです。

装いのどこかに斜めラインがあると、動きが出て軽快な印象を与えるとともに着やせにもつながります。Vネックカーディガンは首から胸元にかけて斜めラインが入り、顔まわりもスッキリと見せてくれます。

商品の詳細はこちら

トップスの前だけボトムスにインする着こなしも、お腹から腰まわりにかけて斜めラインができるため、着やせ効果のあるテクニックのひとつです。

バッグを斜め掛けにするのも、斜めのラインができるとともに視線がバッグに集まるため、着やせ効果が期待できます。

まとめ

薄着の季節は、体型の気になる部分だけをカバーするのではなく、全体のシルエットがきれいに見えるラインを意識したコーデにしましょう。細見えはもちろん、活き活きとした印象になります。着やせテクニックと旬のコーデで、春夏のファッションを楽しんでください。

川島彩子
プロフィール
カラーコーディネーター/イメージコンサルタント
PlusColor代表
インポートブランドのショップスタッフ時、人それぞれに「似合う色」「デザイン」がある事を知り「色」と「ファッション」について専門的に学び独立。
現在は、カラーコーディネーター育成や、企業、地方自治体等が主催するファッションセミナーやショップスタッフへの研修を多数行い、受講者には、自分に似合いT・P・Oにあったアイテムを選べるようになった、と定評がある。

instagram@lobelia5060

おすすめ記事

一覧へ戻る