• blog

50代からの「大人カジュアル」を作るポイントは?

2022.09.05 update

リラックス感のあるカジュアルコーデをすると、ラフすぎたり年齢不相応に感じたりすることはありませんか?
今回は、落ち着きや品格を保ちながらも、リラクシーで洗練された大人のカジュアルコーデのポイントを紹介します。

大人のカジュアルコーデを作るコツ

大人だからこそクールに決まるカジュアルコーデを作るコツを見ていきましょう。

コーデ全体の色使い

商品詳細はこちら

コーデする色に濃淡や明暗といったコントラストをつけると、大人カジュアルのコーデが格好よく決まります。
例えば、ネイビーやグレイ、ブラウンといった暗くて濃いベーシックカラーをベースに、ホワイト系やパステル系の明るく淡いカラーをアクセントにするとコントラストがつき、カジュアルコーデでもラフになりすぎず落ち着き感のあるコーデになります。

また、お顔の近くには、パーソナルカラー(似合う色)のアイテムを取り入れるのもおすすめです。お肌が明るく見えて若見えするだけでなく、自分の雰囲気にも似合って好印象を与えることができます。

▶「パーソナルカラー」の詳細はこちら

小物の素材

商品詳細はこちら

Tシャツやデニムといったラフさやリラックス感のあるアイテムを主役にしたカジュアルコーデには、キレイめで高級感のある素材の小物を合わせて上質さを漂わせましょう。
Tシャツ×デニムのコーデなら、足元はスニーカーではなくレザーシューズを、アクセサリーはプチプラアイテムではなくプラチナやゴールドといったジュエリーをコーデすると、大人の上質なカジュアルコーデに昇華します。

サイズとシルエット

カジュアルコーデではゆったりとした着心地の良さも大切ですが、オーバーサイズやゆったりとしたシルエットのアイテムばかりだと、だらしなく見えたり着太りして見えたりすることも…。
例えば、オーバーサイズのトップスはボトムスに前だけインしたり、ゆったりシルエットのチュニックやワンピースはベルトでウエストをマークしたりと、シルエットにメリハリを作るのがスッキリ見えのコツです。

50代からの女性におすすめ!秋のカジュアルコーデ

50代からの大人カジュアルにおすすめのアイテムやコーデテクニックを紹介します。2022年秋冬のトレンドにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

カジュアル×エレガントのMIXコーデ

商品詳細はこちら

パーカーといえば、カジュアルコーデに欠かせないトップスです。フードのボリュームとさり気ない首見せで小顔見えも叶えてくれます。
パーカーやロゴTシャツ、Gジャンといったカジュアルな要素が強いトップスには、エレガントなロングフレアースカートをコーデすると、きれいめな大人カジュアルコーデに仕上がります。秋にぴったりなスモーキーカラーは、ダークカラーと好相性です。

シャツワンピの重ね着コーデはコントラストをつけて

商品詳細はこちら

商品詳細はこちら

肌寒い日が増えてくる初秋に重宝するシャツワンピースの重ね着コーデ。暗い色のシャツワンピには明るい色のインナーでコーデにコントラストをつけましょう。顔周りが明るくなるだけでなく、ほどよく力の抜けたこなれ感あるカジュアルコーデに変化します。
ポップなデザインのバッグも、ベーシックカラーのワンピだからこそアクセントになって際立ちます。

大人カジュアルに着こなすダークカラーパンツ

落ち着いた印象のダークカラーのパンツをカジュアルコーデに寄せるコツは、裾をロールアップして足首を出すことです。コーデに抜け感が加わってアクティブな印象にシフトします。
組み合わせるシューズは、シンプルなローカットスニーカーやスリッポンシューズがおすすめです。足の甲も見えてスッキリさが増して、秋のおでかけシーンにぴったりなスタイリッシュな大人カジュアルコーデに仕上がります。

キレイめワイドパンツをカジュアルダウン

2022年春夏に引き続き、秋冬もオレンジやイエローなどのビビッドカラーがトレンドです。トレンドカラーをコーデの差し色にして、暗い色が多くなり始める秋のコーデを晴れやかに楽しみましょう。
緩やかなシルエットと柔らかな素材がエレガントなワイドパンツには、あえてスニーカーをコーデしてカジュアルダウン。こなれ感ある大人のカジュアルコーデが完成します。

カジュアルの定番柄を上品に着こなす

商品詳細はこちら

チェックは、カジュアルの定番柄であると同時に2022年秋冬のトレンド柄です。落ち着いた配色のチェック柄は、秋らしく上品な印象を与えます。
チェック柄のトップスにベーシックカラーのボトムス、明るい色のバッグや靴、アクセサリーをコーデすると、カジュアル感を残しつつもきちんと見えして、お仕事やランチなどにもぴったりです。

キルティングベストで今どきの大人カジュアルに

少し肌寒くなってきたら、レイヤードスタイルを楽しめるベストもおすすめです。
ベストは、カットソーやシャツなどインナーを選ばず、コーディネートのアクセントになってくれます。インナーの袖をまくって手首を見せるとこなれた雰囲気になります。
2022年秋冬トレンド素材のキルティングは、カジュアルはもちろん、上品なスタイルも得意です。カジュアルコーデの幅を広げたいときは、キルティングベストに挑戦してみましょう。

まとめ

カジュアルコーデは、着こなし方次第で上品に見せることもできます。大人の女性ならではの洗練されたカジュアルコーデを楽しみましょう。

川島彩子
プロフィール
カラーコーディネーター/イメージコンサルタント
PlusColor代表
インポートブランドのショップスタッフ時、人それぞれに「似合う色」「デザイン」がある事を知り「色」と「ファッション」について専門的に学び独立。
現在は、カラーコーディネーター育成や、企業、地方自治体等が主催するファッションセミナーやショップスタッフへの研修を多数行い、受講者には、自分に似合いT・P・Oにあったアイテムを選べるようになった、と定評がある。

instagram@lobelia5060

おすすめ記事

一覧へ戻る